› 絣職人の徒然日記 › 久留米絣 › 仕立て上がり

2010年12月06日

仕立て上がり

先週に仕立てをお願いしていた工芸品展出品の着物が出来上がりました。


想像よりはちょっと柄がうるさいかな?って感じですが、よくできた方だと思います。80点位でしょうか。

デザイン時の思い通りに作品が出来る事ってなかなか無いです。


早速、東京の審査事務局に発送です。

急なお願いと、1週間という短い納期にもかかわらず、急いで仕立てていただいた仕立ての先生に感謝です。

早く自分で仕立てできるようにならないと・・・
今は一着仕立てるのに半年以上かかってしまう。何しろ仕事の合間(気分が乗った時)にちょこちょこ縫ってる上、手が遅いし粗い。自分の着物なのでそれでもいいですが・・・

注文受けて・・・なんてとんでもない話です。



同じカテゴリー(久留米絣)の記事画像
山口井筒屋「日本の職人展」
小倉縞
全国職人展、終了。
新宿なう。
大分トキハ本店「職人の技展」
藍染なう。
同じカテゴリー(久留米絣)の記事
 山口井筒屋「日本の職人展」 (2014-02-05 20:11)
 小倉縞 (2014-01-22 17:03)
 全国職人展、終了。 (2013-09-04 13:54)
 新宿なう。 (2013-08-28 21:37)
 大分トキハ本店「職人の技展」 (2013-07-24 22:58)
 藍染なう。 (2013-07-07 19:55)

この記事へのコメント
 凄く 複雑な 絣 ですね・・・

 工芸展での 吉報 心から お祈りしています。
Posted by ふくひろ若旦那 at 2010年12月07日 15:45
ふくひろ若旦那さま
今回の柄は今までやったことない柄で、作風を変えてみた作品で、自分でもちょっとした冒険でした。

工芸品展の審査は15日です。いい結果が報告できればいいですが、そんなに甘いもんではないかと・・・
Posted by トムトム at 2010年12月07日 19:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。