› 絣職人の徒然日記 › 久留米絣 › 久留米絣入門編

2011年01月06日

久留米絣入門編

私が去年のかすり祭りで、絣の着物を着ていたのを見たお客様(男性)が、自分も欲しいと言われました。

藍染・手織りの物が欲しいと言われたのですが・・・



初めての着物と言われたので、化学染料・機械織りの反物をオススメしました。




藍染の着物は、着物初心者の方にはオススメしません。
藍染の性質上、扱いが大変です。
何より高額な買い物になるのに、着物初心者の方がどの位着られるか・・・

久留米絣は普段着として使い込んでこそ、その良さが判ると思います。
だからこそ最初は比較的安価な機械織りの物をとことん使って、また次に欲しいと思った時に藍染の物にグレードアップしていただければいいと思います。


機械織りと言っても別に品質に違いはありません。作る工程や手間は手織りと同じです。

確かに手織りの物の方が所有感はありますが・・・

私も藍染の着物は持ってますが、あまり着ません。
メインで着てるのは機械織りの単衣の物です。
単衣なので洗濯も洗濯機で洗っちゃいます。綿素材だからこそできる荒技です。
これも久留米絣の良さのひとつです。


ちなみにお客様は2反、2柄を買っていただきました。反物ですので仕立て代がかかりますが、それでも手織りの物よりかなり安上がりでした。



同じカテゴリー(久留米絣)の記事画像
山口井筒屋「日本の職人展」
小倉縞
全国職人展、終了。
新宿なう。
大分トキハ本店「職人の技展」
藍染なう。
同じカテゴリー(久留米絣)の記事
 山口井筒屋「日本の職人展」 (2014-02-05 20:11)
 小倉縞 (2014-01-22 17:03)
 全国職人展、終了。 (2013-09-04 13:54)
 新宿なう。 (2013-08-28 21:37)
 大分トキハ本店「職人の技展」 (2013-07-24 22:58)
 藍染なう。 (2013-07-07 19:55)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。