› 絣職人の徒然日記 › 久留米絣 › 絣は作業着?

2011年10月25日

絣は作業着?

久留米絣のイメージは?と聞くと
「農作業着」「もんぺ」と言われる事が多いです。

って事で、「なぜ・なに久留米絣」第2回
「久留米絣は作業着?」です。



確かに久留米絣の「もんぺ」は有名です。
地元でもやっぱり「もんぺ」じゃないとダメって言われる方が多いです。

しかし・・・農作業するのに絣の柄が入ってる必要性は?ないですね。
同じ材質なら無地の生地で作った方が安くできます。実際、そういった商品も出回ってますが・・・
やはり「絣」のもんぺの方が売れます。

「絣のもんぺ」っていうのは、農家のおばちゃん達の
「作業着でもお洒落に」の気持ちの表れなんだと思います。
もちろん、それだけではなくて着心地の良さや丈夫さもあると思いますが。


江戸時代末期、庶民の贅沢禁止令の一環として絹や一部染料の使用を禁止されるなかで
限られた材料や染料でも「華やかな着物を着たい」という庶民の試行錯誤の中で生まれたの織物の1つが「久留米絣」なんです。
これは久留米に限った事では無いと思いますが。

当時「絣」は庶民のなかでは高級品だったんですね。
手間かけて作られた着物や布団は嫁入り道具の1つでした。
そんな絣は母から娘へ、孫へと受け継がれ
着物として着れなくなった物は作業着として仕立て直して・・・
今でいう「リフォーム」ってやつですね。


ちょっと長くなりましたが・・・

絣=作業着というのは昔の人たちの「物を大事にする・無駄にしない」という所からきたイメージなんだと思います。



同じカテゴリー(久留米絣)の記事画像
山口井筒屋「日本の職人展」
小倉縞
全国職人展、終了。
新宿なう。
大分トキハ本店「職人の技展」
藍染なう。
同じカテゴリー(久留米絣)の記事
 山口井筒屋「日本の職人展」 (2014-02-05 20:11)
 小倉縞 (2014-01-22 17:03)
 全国職人展、終了。 (2013-09-04 13:54)
 新宿なう。 (2013-08-28 21:37)
 大分トキハ本店「職人の技展」 (2013-07-24 22:58)
 藍染なう。 (2013-07-07 19:55)

この記事へのコメント
 なるほどっ!! 「 作業着でも おしゃれを 」
 
 ・・・ ということだったんですか!!なんとなく

 不思議に思ってたことが 氷解しました。

 絣合わせの手間=ファッション性と 実用性を

 合致させるなんて・・・ 

 日本人の精神的な豊かさ・贅沢さに驚嘆です。
Posted by ふくひろ 若旦那ふくひろ 若旦那 at 2011年10月29日 19:32
ふくひろ 若旦那さま
これはかなり個人的な考えや解釈も入ってるので、これが「正解」ではないと思います

「久留米絣=もんぺ」っていうイメージを変えたいのですが・・・

最近では、もんぺを部屋着にしたりパジャマにしたり、若い女性の中でも密かなブームになってたりするそうで・・・

最初が「もんぺ」でも、そこから久留米絣の事をもっと知ってもらうきっかけになると思うので
いい事ですね
Posted by トムトム at 2011年10月30日 22:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。